高齢者の健康一覧

●家族に高齢者がいる場合、いつまでも健康で長生きして欲しいというのが家族みんなの願いです。高齢者の健康を守るには、高齢者の体の特徴を知り、病気を事前に予防して行くことが大切です。

●いつまでも健康で元気な高齢者でいるためには、出来る限り病気を予防し、また病気になった場合でも早めに治療を開始することが大切です。

●家族に高齢者がいる場合、高齢者がかかりやすい病気を知っておくことは大切です。また、人は誰でもいずれ高齢者になります。自分の健康を自分で守るためにも、できる限り病気を防ぐ努力をしましょう。

●健康で長生きするためには骨が健康であることが重要ですが、高齢になるほど増えてくるのが「骨粗しょう症(骨粗鬆症)」です。

●骨粗しょう症は、本人が知らないうちに進行し、ちょっと転んで骨折をして初めて気づくというケースが多くなっています。

●家族に高齢者がいる場合、あるいは自分が高齢になった場合、どうしても避けたいのが寝たきりになるということです。

高齢者の健康を考える場合、体の変化とともに心の変化にも目を向ける必要があります。

●老人性うつ病の初期症状として、次のような症状があらわれますので、気になることがあれば専門家に相談しましょう。

●高齢者は何らかの「喪失感」を抱えており、それがうつ病発症の引き金になることがよくあります。

●健康で老いるのと病気になって老いるのとでは、自分にとっても家族にとっても、幸福の度合いに天と地ほどの差があります。

●加齢に伴う聴覚機能の衰えによる難聴を「老人性難聴」と言っていますが、65歳以上の高齢者の4人に1人が悩まされています。

●耳の老化現象から来る老人性難聴は、日々の生活習慣を見直すことにより、改善したり、進行を遅らせることができます。

●補聴器には、色々な種類がありますので、使用目的に合った使いやすいものを選びましょう。

●補聴器の選び方と、買い方のポイントを押さえ、本当に自分に合った補聴器を購入して、明るく不便のない日常生活を取り戻しましょう。





在宅介護の負担を減らそう!