老人性難聴を改善するには?

耳の老化現象から来る老人性難聴は、完全に回復することは難しいのが現状ですが、日々の生活習慣を見直すことにより、改善したり、進行を遅らせることができます。

老人性難聴を改善する方法

  • 耳の血流を良くする
    老人性難聴の大きな原因のひとつが、耳の血液循環の衰えです。
    血液の循環が良くないと、聴覚器官や脳への神経伝達も十分に行われなくなり、難聴も進行しやすくなります。
    日頃から血液をサラサラに保ち、定期的な運動などで全身の血液の循環を良くしておきましょう。
    聴覚に関連する細胞や器官が活性化し、老人性難聴の予防になるほか、改善にも役立ちます。
  • 食事による改善
    老人性難聴を食事で改善するには、まずは栄養バランスのとれた食事をとるようにしてください。
    その上でビタミンB群やカルシウム、ビタミンEを含む食材を強化してみましょう。
    ビタミンB1とビタミンB2は、難聴の改善の為の薬にも使用されています。
    カルシウムはイライラをおさえて難聴の原因となるストレスを軽減し、ビタミンEは血行を良くします。
    難聴を改善するための食品として、具体的には玄米、黒ゴマ、かぼちゃ、春菊、大根、ほうれん草、たまねぎ、にんじん、ニラ、ニンニク、牛乳、チーズ、黒豆、小松菜、海草、うなぎ、大豆製品などがあります。
    なお、脂肪分の多いものや砂糖は難聴を悪化させる可能性がありますので、控えめにしましょう。
  • 自律神経を整える
    自律神経は、音を耳から脳へと正しく伝えるために重要な働きをしています。
    何らかの影響で自律神経が乱れていると、音の伝達に支障をきたし、難聴を発症したり悪化させたりします。
    規則正しい生活や十分な睡眠、適度な運動を行い、自律神経を整えることにより、難聴の改善も期待することができます。
  • ストレスを解消する
    過度なストレスは、体にも色々な不調をもたらしますが、難聴も例外ではありません。
    休息をとったり、気分転換などをしてストレスを解消することにより、難聴を予防したり改善することが可能になります。
  • サプリメントの利用
    老人性難聴の改善に有効と言われているサプリメントには、ビタミンB12、ビタミンE、ヒマワリ種外皮エキス、ハチの子、ナギイカダエキス、ビンカマイナー、イチョウ葉エキス、コエンザイムQ10、アルファリポ酸などがあります。



スポンサーリンク


関連ページ