布おむつのメリットとデメリット

赤ちゃんのおむつについて、多くのお母さんが悩むのは「布おむつと紙おむつはどちらがいいのだろう」ということです。
一時は手間もかからず便利だからという理由で、紙おむつが圧倒的な人気がありましたが、最近は布おむつが見直されてきています。

布おむつには数々のメリットがありますが、当然のことながらデメリットもあります。布おむつと紙おむつはケースバイケースで使い分けることをおすすめします。

布おむつのメリット

  • おしっこやウンチをした場合、赤ちゃんがすぐわかるため、泣いて教えてくれる。
  • 天然素材なので、赤ちゃんの肌にやさしく、刺激が少ない。
  • 通気性が良い
  • おしっこやウンチの観察がしやすく、異常があった時にすぐわかる。
  • 洗濯をして繰り返し使えるため、経済的。
  • こまめに交換するため、衛生的。
  • 有害物質を出さないため、環境にやさしい。


布おむつのデメリット

  • 洗濯をする手間が大変。
  • おしっこやウンチの量が多いともれてしまうことがある。
  • 赤ちゃんが活発に動き回るようになると、おむつがはずれてしまうことがある。
  • 洗濯のきいた布が赤ちゃんの肌を刺激することがある。
  • 花粉の時期や梅雨の時期など、おむつを乾かすのが大変。



このように、布おむつにはメリットとデメリットがありますが、赤ちゃんの肌や環境汚染の面から言えば、布おむつのほうが良いと言えます。
布おむつが綿などの天然素材から作られているのに対し、紙おむつは石油から作られる化学製品だからです。

使い捨てが原則の紙おむつは、廃棄処分する時に有害物質を排出します。
しかし、外出する時などは紙おむつのほうがもれる心配もないので、安心と言えます。
布おむつと紙おむつの利点をうまく利用し、使い分けるようにしましょう。



スポンサーリンク


関連ページ