赤ちゃんから高齢者の方まで、家族みんなの健康情報サイトです。

赤ちゃんの便秘の原因は?

赤ちゃんの便秘の原因は?

赤ちゃんの便秘は、どうして起こるのでしょう?赤ちゃんの便秘を防ぐためにも、便秘になる原因を知っておきましょう。

  • 母乳やミルクの量が足りない
    赤ちゃんの便秘の原因として、まず考えられるのは、母乳やミルクの量が足らないということです。母乳やミルクが足らないと、栄養を吸収したあとのカスであるウンチの量も少なくなります。ウンチの量が少ないと排便機能もうまく働かないため、便秘になりやすくなります。特に母乳はどのくらい飲んだかがわかりにくいので、注意が必要です。1回の授乳時間の長さや、赤ちゃんの体重が順調に増えているかどうかをチェックしてみてください。
  • 生理的便秘
    生後2~3ヶ月くらいの赤ちゃんが、突然、2~3日に1回しかウンチをしなくなる、ということがありますが、これは「生理的便秘」という一時的なものなので、心配はありません。
  • 運動不足
    大人の場合、運動不足が原因で便秘になることがありますが、赤ちゃんの場合も運動不足で便秘になることがあります。この場合、積極的に体を動かすようにしてあげると、便秘も改善してきます。
  • 離乳食の開始
    生後5ヶ月頃から離乳食が始まりますが、それと同時に便秘になる赤ちゃんは、少なくありません。母乳やミルク以外のものが体の中に入って来るため、腸の中の環境が大きく変わり、水分も不足しがちになります。その結果、多くの赤ちゃんが便秘を経験します。
  • 生活リズムの乱れ
    旅行や遠方へのお出かけがきっかけで、便秘になることがあります。これはいつもの生活リズムが乱れて、排便のリズムも狂ってしまうためです。朝起きる時間や、散歩に行く時間、寝る時間などを一定にして、早めにいつもの生活リズムに戻してあげましょう。
  • 心因性のもの
    ウンチをする時に痛い思いをすると、「ウンチはいやなもの」という印象を持ってしまい、無意識に便意を抑えこんでしまい、便秘になることがあります。このような心因性の便秘は、治療に時間がかかる場合があります。


    【おすすめ書籍】

    はじめてママ&パパの0~6才病気とホームケア (実用No.1シリーズ)

関連ページ

powered by HAIK 7.3.0
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional