赤ちゃんから高齢者の方まで、家族みんなの健康情報サイトです。

赤ちゃんが便秘の時の症状

赤ちゃんが便秘の時の症状

赤ちゃんにとって、便を出すということは大仕事です。生まれたばかりの赤ちゃんは、おっぱいやミルクを飲むたびに水っぽいウンチを出しますが、だんだん飲む量が増えてくると、消化するために胃や腸にとどまる時間が長くなるため、一日に出るウンチの回数は減ってきます。
しかし、1週間以上ウンチが出ないという場合は便秘の可能性があります。こんな時は赤ちゃんの様子をよく観察してください。「便が出ない」ということのほかに、次のような症状が見られるときは、「便秘」と判断できます。

赤ちゃんの様子がこんな時は、便秘の可能性が・・・

1日のウンチの回数は、赤ちゃんにより個人差がありますが、次のような症状が見られる場合は便秘の可能性があります。

  • 1週間以上、ウンチが出ない
    便秘には、「何日以上出なければ便秘」といった明確な定義はありません。しかし、ひとつの目安として1週間以上ウンチが出ない場合は、便秘の可能性が大きいと考えてよいでしょう。
  • おなかが張っている
    赤ちゃんのおなかを、手のひらでさわってみてください。かたく張っているようなら便秘を疑います。
  • きげんが悪い
    便秘になると、おなかが張って苦しかったり、気持ち悪くなるため、赤ちゃんのきげんも悪くなります。熱やほかの病気がないのにきげんが悪く、泣いてばかりいるときは便秘の可能性があります。
  • ウンチに血がついている
    便は、おなかにとどまっている時間が長いほど、かたくなります。ウンチがかたく、血がついている場合は、かたいウンチが出るときに、腸の壁や肛門を傷つけた可能性があります。その日のうちに出血が止まれば心配ありませんが、翌日も続くようなら、小児科を受診してください。
  • 食欲がない
    おなかにウンチがたまっていると、その不快感から食欲がなくなります。
  • 吐く
    便秘の症状が悪化すると、吐いてしまう場合があります。このような時は迷わず小児科を受診しましょう。


関連ページ



スポンサーリンク


powered by HAIK 7.1.2
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. HAIK

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional